人妻・熟女・母親・エッチな体験告白

人妻・熟女から母親まで、その他あらゆるジャンルのエッチ告白を毎日更新しています
人妻・熟女・母親・エッチな体験告白 TOP  >  女性視点  >  彼氏との体験 >  スイッチが入るということを聞かない私のアソコ(1)

スイッチが入るということを聞かない私のアソコ(1)

私は、ちょっと田舎から大阪に出てきて一人暮らし中。衝撃的なほどに見た目はドS、中身はドMです。
私の紹介。身長159㌢、体重50㌔。今まで付き合った男性の人数は両手で納まるくらい。その歴代の彼氏に必ず言われた言葉は、真性ギャッパー。ツンデレだけどスイッチが切れた途端に猫になっちゃう。

昔から目が悪くて、眼鏡&コンタクトを愛用してる。数年前からの眼鏡マイブームで、いろんな眼鏡を買ってしまい、今一番のお気に入りは赤い縁の賢そうな眼鏡。
愛用しすぎてちょっと歪んでる・・・しょんぼり。

ある時、東京に仕事で出ることがあって、東京に住む友達に連絡してみた。
「今日飲み会あるんだよう~・・・あ、そうだ!寛美もくれば?」
正直あんまり乗り気じゃなかった・・・何故なら気を使ってしまうし。

あと切れ長の目と、眼鏡のせいで第一印象が悪い。
そうやって、第一印象を悪くするのが趣味かと言わんばかりに!でも東京の夜が寂しすぎて行っちゃったんですよね~。
女の子3人に、男性が5人という飲み会。
アタシ以外はものすごく全員が仲良しというキツい仲間飲み。
ああ、こんなことなら一人で過ごせば。なんて思いつつ。どうにか終了。
気を使って胃がイタイ。 
   
 メンバーは、バラバラで、女の子はあたし以外は可愛く、男性も男前のレベルに入るのが3人。
フリーターもいれば会社員も、大企業社長秘書(男性)なんかもいたんです。
その時に、流れのせいか、当然のように一応全員とメアド交換したのでした。

数日後、その某企業社長秘書(男性)さんからメールがきまして。
『今度大阪行くから、ご飯でも食べよう』って感じの内容だったと思うんだけど。
一回お酒飲んだだけでご飯誘うかなぁ?なんて内心疑いの気持ちはあった。

妻子持ちで、32歳。男盛りなんだろうなって冷静に感じてた部分と、
社長秘書という肩書き、お金持ち、
念願の【回らない寿司】をご馳走してもらえるという誘惑と葛藤。
カーン!3秒KO。寿司の勝ち。あっけない終了を遂げたあたしの葛藤。

というわけで、あっと言う間にその日がやってきました。
とりあえず御寿司ということでそれなりに綺麗な格好せねば、と思い、
ベージュの前スリットの膝丈スカートにパンプス、キャミにカーディガンという、
オーソドックス綺麗目スタイル、お決まりの眼鏡。

新大阪駅まで待ち合わせ。
でも一緒に飲んだにしろ、一回だけだし、しかも数時間だけ。
緊張してて、実は顔もちゃんと覚えてない。
さてそろそろ到着したかしら、と改札口の外で待機。

と、「寛美さん」と聞き覚えがある声。
慌てて振り向くと居た!秘書のともさん(仮名)だ。
「あ、こんにちは、おひさしぶりです」声が上ずる。恥ずかしい・・・。
『久しぶりだねぇ。相変わらず絵に描いたような英語の先生だな。』

絵に描いたような英語の先生、ともさん曰く、
*赤い眼鏡*切れ長の瞳*
ロングヘアにスーツっぽいしっかりした格好、が先生ぽいらしい。

これはよく言われることだし、全然スルーしてた。
悪い意味じゃないだろうとプラス思考脳内変換。
適当に挨拶を交わしてから移動。電車で行こうとすると、ともさんに呼ばれた。

「行かないんですか?」と聞くと、
『行くよ、ほら』と手を引っ張られてタクシー乗り場まで。
ええ!新大阪から難波までタクシー・・・?
『経費、経費。』とニンマリするともさんを横目に、タクシーに乗ったのだった。

難波で降りて、寿司屋さん探し。『ここにしよう!』と連れて行かれたところは、
難波でも有名な超高い寿司屋。どうみてもセレブ用です。
「こ、こ、こ、こんなとこはいるんですか?」
挙動不審な田舎モノ一匹。
『うん、おいで』
とグイグイ連れて入ってもらった。
好きなものを食べなさいと言われて、遠慮なくパクパク食っちゃうあたし。

ぎゃーうまい!なにこれ!刺身もおつまみも注文しまくる。
お酒も・・・ぐんぐん飲む。
お互いの仕事の話などで盛り上がる。そのうち、頭がフンワリしてきた。
『顔、真っ赤だね。かわい』
おいおいいきなりかよ、って顔が近いよ!
「あはは!もうお世辞はいいですって」
ってあたしは必死に平常を装う。
スペック的に言えば、175センチ、顔は男前だね。
妻子持ちだけど全然若い。25くらいに見える。

『なに照れてんの?ほら』って言いながら、自然に耳たぶに触ってきた。
いきなりのことで「あぅ・・・」と、ちっちゃくビクッってなっちゃった。
酒好きのくせに、くっそ弱い。お酒、よく考えたら4杯くらい飲んだから・・・
体ほてってて熱い・・・

やばいと思って「ちょっと外出てきます」って席立とうとしたら
『だーめ』って手をつかまれる。
「は。はなしてくだ・・・」
『だーめだよ。ほら、おいで?』
ってカウンターで隣り合わせにあるイスを、更に近くに寄せる。

お酒のせいで、少し呼吸が荒い。仕方なくイスに座ると更に接近してきた。
『だいじょぶ?』
そう言いながら手のひらを微妙なタッチで撫でてくる。
「だ、だいじょぶ」
必死にごまかす。手のひらが熱い。
『かわいいなぁ。』
そういいながら、ともさんの足の間にあたしの片足を挟まれる。

もう頭がフワフワしてる。
膝までのスカートの内側を、ともさんの手のひらが這い回る。
『寛美ちゃん?』
呼ばれたからうつむいた顔を上げた。

『・・・エッチな顔してるよ?』
そういわれて一気に腰が抜けた感じになった。
『ビクビク震えちゃって~。会った時は一瞬、性格のキツい子なのかなって思ってたんだけど』
話を中断して、ともさんは人差し指であたしの下唇をなぞった。

「ふあっ・・・」
思わず大きく飛び跳ねてしまった。唇はあたしの性感帯。
『・・・このぽってりした唇、俺、好きだなぁ。それに、やっぱりいじめられるの、好きなんだね』
すごい意地悪な顔してる、ともさん。
「ちが、ちがうよう」半泣きで言い訳。
「お酒が・・・入ってて・・・」
『そっかそっか、わかったから。』
そういうと、また唇を撫でられる。
「ひんっ・・・」唇を触られると何も言えない・・・。
板前のおじさんがチラチラ見てる気がした。はずかしい。

『さて、おなかいっぱいになったし、出ようか』
そういうと、あたしの手をつかんで、歩き始める。
外気に触れて、体温が少し元に戻った。ふと我に帰って、
「ご、ごちそうさまでしたっ」って言うと、
『いえいえ、あ・・・元に戻ってるね。』
ってともさんは笑った。そういわれてあたしは赤面。
「な、なんのことでしょう」とかしどろもどろになっちゃうし。

あたしはその場で帰ろうと思ってたんだけど、
4万近く使わせて、ともさんが泊まるホテルまでは見送らないと、
おごってもらったのに悪いと思った・・・言い訳か?。

でも実際あたしもちょっと期待してた部分があったのかも知れない。
コンビニで、『お菓子買ってあげるから、持って帰りなよ』
って言ってもらって、いろいろ買い込む。難波の中心ス○スホテルに到着。
入り口から入り、カウンターでチェックイン。エレベーターの前であたしは待ってた。
何も言わずにエレベーターで上まで行き、
部屋のドアの前でバイバイしようと思ったんだ。
思ったんだ・・・思ったんだよ!。

ともさんが、コンビニの袋を持った手を差し出した。
あ、開放してくれるんだ、と受け取ろうとしたら、
手をグイッってつかまれて、ドアの中に。

「きゃ・・・」
言葉を発する余裕もなく、閉めたドアに押し付けられて、突然キス。
されると思いきや、両手をつかまれた状態で、下唇をペロッっと舐められた。
「ひやぁあ!」
油断してたせいで、声が素直に出てしまった・・・
「や。やめ・・・」
ともさんの顔が近い。
必死に手を振り解こうとするも、男の力に勝てるわけもなく。

『なあに?今の声』
落ち着いたトーンで、意地悪な笑顔。これが一番弱い。
「なにも。なにもないよう」
うつむいたまま、必死に声を絞り出す。
「か・・・帰るから・・・今日はほんまにありがとう」
『帰るの?』
あたしの言葉を遮って、両手を頭の上に持ち上げられる。

コンビニで買い込んだお菓子が足元に散乱してる。
そのまま、ともさんの片手で、あたしの両手首をつかまれてしまう。
空いた右手で、あたしの顎を上に持ち上げる。

「ふ。ふぅ・・・やめてぇ」
半泣きになるあたし。でも息が上がってる。
あごに手を当てたまま、親指で唇を攻撃される。
「うあぅっ!あんっ!やめ・・・ひゃっ!っ!」
何も言わず、ただあたしの顔を見つめるともさん。
あたしはあまりの恥ずかしさに目を閉じて必死に顔を振る。
すると、唇にぬるりとした感触が。唇を舐められた。
「ふあ」
そのまま、膝はカクンと折れて、ドアの前に座り込んでしまった。

手首が開放された。肩で息をするあたし。
「ふっ。はっ。はぁっ」
『ほんとにいやらしいねぇ。』
何も言えない。目に涙が溜まる。
『こんないやらしい子だなんて思ってなかったよ。可愛くて仕方がない』

両肩をつかまれて、そのままキス。キス。ずーっとキスされる。
唇を舌で舐められる。痙攣を起こしているように、ビクビク震える体。
やばい。このままだと・・・。
キスの嵐が止んだかと思えば、いきなりあたしをお姫様抱っこして、
ホテルのイスにともさんが座り、あたしは向き合ってだっこで座らされた。

「も・・・やめようよぉ・・・」
ついに涙が出できた。このままだと、あたしがやばい。でも体に力が入らない。
カーディガンとキャミソールをすり抜けて、背中側から手が進入してきた。
「ひぃん」
泣きながら感じてしまう。
『かわいいね。えっちでかわいい』
そういいながら、片足をあたしの足の間でぐりぐりしはじめた。

「あっだめっ」
時既に遅し、グリグリ攻撃を避けようと前屈みになった途端、
お尻の方からともさんの手が下着の上を撫でた。
『あれ~・・・?なにこれ。』
くちゅくちゅとわざと音を大きく立てられる。顔から火が出そうに恥ずかしい。
「やんっ・・やめ・・・」
お尻のほうにある手をつかむ。すると、
『手、はなしてごらん』
「嫌」
『離して、ほら』
「嫌だもん」
『そっか、それじゃ仕方がない』
そういうと、あたしの空いてる片手も後ろへ持っていき、
後ろ手でつかまれてしまった。あたしは、体をよじって離れようとする。
その間に、付けているネクタイをスルスルと解いて、
あたしの手首を縛ってしまった。
あたしの中のストッパーは、完全に外れてしまった。

ぼろぼろと泣きながら、無意識に腰を動かし、ともさんの太ももにあそこを擦り付けてしまう。
『うわ。何その腰。エッチすぎるよ?』
「ごめ。ごめんなさ・・・」
謝りながらも腰の動きは止まらない。
ひたすらぐりぐりと、濡れたあそこを押し付ける。
眼鏡を外されて、両手で顔をつかまれて持ち上げられる。

『俺の顔見える?』
「み・・・みえ。る」
『目がトロンとしてすっごいエッチな顔してる』
「あうっ。ちが。えっちじゃ・・・ないもん」
『んじゃ何?この腰。』
「なんもしてない」
うわ言のようにつぶやくあたし。

そのうち、あたしを持ち上げて、一人でイスに座らせた。
背もたれと、膝当てがついてる、ふわふわのソファタイプのイス。
そして、両手が使えない状態をいいことに、カーディガンのボタンを外し始めた。
「やめてっはずかし」
『もっと恥ずかしい声いっぱい出さないといけないんだから。』


ブログパーツ
[ 2017/09/12 ] 女性視点 彼氏との体験 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する